おもちゃ販売|脂肪吸引ダイエット|脂肪吸引/メスを使わない|口コミ

脂肪吸引用語集-脂肪吸引辞典

2006年10月25日

インフォームド・コンセント-脂肪吸引「い」

医師による十分な説明と、それに対する患者の同意に基づく診療を差します。
医師は専門家であるが、医師任せにするのではなく、治療に対してはあくまでも
患者が主体性を持ち選択していこうとする医療関係です。
posted by 脂肪吸引用語辞典口コミ研究会 at 03:14| Comment(42) | TrackBack(6) | 脂肪吸引「あ行」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アポクリン腺-脂肪吸引「あ行」

脂肪吸引でいうアポクリン腺とは
わきのしたや陰部に分布する大汗腺で、わきがはこの汗腺が出す分泌液が毛根に停滞し皮脂腺と混じり、雑菌が繁殖することにより、特有の臭いを発生することにより起こります。

皮脂腺(ひしせん)とは、皮膚の内部にある小さい腺を刺します。皮脂腺は主に皮脂を分泌し、皮膚や毛髪の表面の保護や保湿の働きをします。脂腺という呼び方もあります。

体毛1本に対してそれぞれ皮脂腺が存在しますが、体の場所によって皮脂腺が発達しているところとそうでないところがあります。

頭皮は発達している例であり、髪を保護するために多量の皮脂を分泌します。しかし髪があまりにも長いと全体に皮脂が行き渡らないため、リンスやトリートメントを使用して補うことがある。

ストレスを受けると体内の活性酸素が急激に増加して皮脂腺が活発になるが、この時分泌された皮脂には通常より強い臭いを伴います。
posted by 脂肪吸引用語辞典口コミ研究会 at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 脂肪吸引「あ行」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アレキサンドライトレーザー-脂肪吸引「あ行」

脂肪吸引でいうアレキサンドライトレーザー

サイノシュアー社が開発したレーザー機器。
日本人のレーザー脱毛に適しているといわれています。

今までは色が黒いなどの理由でレーザー脱毛には適さなかった方でも、このロングパルスであれば大丈夫です。このタイプのレーザーは東洋人の皮フにもっとも適していると、アメリカでもすでに認められています。
ロングパルス以外のレーザーは、色素に反応し毛を無色にする働きが強いため、脱毛効果が下がってしまいます。ロングパルスは照射したところの毛はレーザー光を吸収し、熱交換され毛乳頭へ放熱し、確実に破壊します。そのため皮フへのダメージも少なく、色素沈着なども起こしません。
皮膚へのダメージを最小限に抑えることで、ワキやビキニラインなどのデリケートな部分への治療が可能になったのです。
脱毛速度も従来のレーザーより約1,5倍とスピーディー。もちろん痛みの心配もほとんどありません。

posted by 脂肪吸引用語辞典口コミ研究会 at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 脂肪吸引「あ行」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

アフターケア-脂肪吸引「あ行」

脂肪吸引でのアフターケアは手術後のガーゼ交換、抜糸、チェックや場合によっては再修正なども含みます。
医院によりこのアフターケアの内容や費用などの取り扱いが違うので
事前に医師とよく相談することが重要です。

CET&RET高周波治療やエンダモロジーを用いるアフターケアがあります。

□ある脂肪吸引医院のアフターケアのコメント
手術は魔法ではありません。手術が終わったとたんに理想のボディが 手に入るわけではないのです。
そのため、より早くそしてより質感の高い完成状態を得るために適切なアフターケアが重要になります。
当院では脂肪吸引術後に『手術後の回復を早めるインディバCET&RET高周波治療や エンダモロジーによるトリートメントが術後2ヶ月間何度でも無料で受けられる』 というアフターケアトリートメントをおこなっています。

手術後1〜2週間:まだむくみや腫れが残っている状態です。 この時期に非常に有用なのがインディバCET&RET高周波治療です。
当院ではCET&RET最高機種のMD320を導入いたしました。
まだしっかりとしたマッサージがおこなえないこの時期でも、炎症を抑え、むくみや腫れを非常に効果的に改善させることができます。

手術後2週間〜:この時期になると、吸引部位は硬く突っ張ってきた状態(硬縮期)に入ります。この硬縮期を短縮することがより早く質感の高い状態に仕上げるためには大切なのです。
この硬縮期のアフターケアに力を発揮するのがエンダモロジーと呼ばれるマッサージマシーンです。エンダモロジーは、もともとはセルライト(肥大化した脂肪細胞の塊)をコントロールしボディデザインを整える医療機器になります。
ローリングと吸引の組み合わせの効果が皮膚構造に直接働きかけ、これにより皮下組織が正常な状態に再生され、血液やリンパ液の循環がよくなり老廃物の排泄が促進されるという効果があります。
脂肪吸引術後には脂肪層はいわばリセット状態となっているので、エンダモロジーの効果も一段と高められます。
エンダモロジーで硬くなっている部分を効果的に揉みほぐし、セルライトを分解していくことで吸引部位は滑らかとなり、また同時に真皮に働きかけコラーゲンを活性化し、肌を引き締め、張りとツヤのある質感をもたらし、もう一段上の仕上がりが得られます。

By 名古屋の美容整形外科「あいち美容クリニック」
posted by 脂肪吸引用語辞典口コミ研究会 at 22:48| Comment(1) | TrackBack(0) | 脂肪吸引「あ行」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アザ-脂肪吸引用語集「あ行」

血管腫、太田母斑、蒙古斑、扁平母斑などがあり、
血管性のものとメラニン色素性のものがあります。
治療法は以前は切除や植皮などしかなく、傷痕の残るものでありましたが
最近はそれぞれのアザのタイプにあったレーザー機器を使用するることにより、きれい、後が残らずにに治療で出るようになりました。


血管腫とは、拡大した小さな血管(毛細血管)が異常に密に集まったもので、皮膚や内蔵に見られます。



太田母斑とは、顔にできる青〜褐色のアザの一種の呼称です。
ほほ、小鼻、額、こめかみ、まぶた等、片手を髪の生え際に沿って顔に当てた時、隠れる範囲に分布します。
アザの現れる範囲は、人によってさまざまで、顔の片側だけに生じることが多いのですが、両側に生じることもあります。
また、あまり頻繁な例ではありませんが、眼球に生じる場合もあります。
蒙古人種(日本人)に多く見られ、白人種にはほとんど見られないそうです。
(遺伝子が大きく影響しているようです)
男女比は、1:4で女性に多く見られます。
生まれつきのもの、思春期に発症するものが多く、生まれつきのものでも、思春期に範囲が広がったり、色が濃くなることがあるようです。



蒙古斑とは、主に黄色人種の乳幼児の臀部・腰部などにみられる青色のあざ。7,8歳ごろまでに自然に消失するといわれています。
                       Byはてな

posted by 脂肪吸引用語辞典口コミ研究会 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 脂肪吸引「あ行」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。