おもちゃ販売|脂肪吸引ダイエット|脂肪吸引/メスを使わない|口コミ

アザ-脂肪吸引用語集「あ行」

2006年10月24日

アザ-脂肪吸引用語集「あ行」

血管腫、太田母斑、蒙古斑、扁平母斑などがあり、
血管性のものとメラニン色素性のものがあります。
治療法は以前は切除や植皮などしかなく、傷痕の残るものでありましたが
最近はそれぞれのアザのタイプにあったレーザー機器を使用するることにより、きれい、後が残らずにに治療で出るようになりました。


血管腫とは、拡大した小さな血管(毛細血管)が異常に密に集まったもので、皮膚や内蔵に見られます。



太田母斑とは、顔にできる青〜褐色のアザの一種の呼称です。
ほほ、小鼻、額、こめかみ、まぶた等、片手を髪の生え際に沿って顔に当てた時、隠れる範囲に分布します。
アザの現れる範囲は、人によってさまざまで、顔の片側だけに生じることが多いのですが、両側に生じることもあります。
また、あまり頻繁な例ではありませんが、眼球に生じる場合もあります。
蒙古人種(日本人)に多く見られ、白人種にはほとんど見られないそうです。
(遺伝子が大きく影響しているようです)
男女比は、1:4で女性に多く見られます。
生まれつきのもの、思春期に発症するものが多く、生まれつきのものでも、思春期に範囲が広がったり、色が濃くなることがあるようです。



蒙古斑とは、主に黄色人種の乳幼児の臀部・腰部などにみられる青色のあざ。7,8歳ごろまでに自然に消失するといわれています。
                       Byはてな

posted by 脂肪吸引用語辞典口コミ研究会 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 脂肪吸引「あ行」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26099845

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。