おもちゃ販売|脂肪吸引ダイエット|脂肪吸引/メスを使わない|口コミ

アフターケア-脂肪吸引「あ行」

2006年10月24日

アフターケア-脂肪吸引「あ行」

脂肪吸引でのアフターケアは手術後のガーゼ交換、抜糸、チェックや場合によっては再修正なども含みます。
医院によりこのアフターケアの内容や費用などの取り扱いが違うので
事前に医師とよく相談することが重要です。

CET&RET高周波治療やエンダモロジーを用いるアフターケアがあります。

□ある脂肪吸引医院のアフターケアのコメント
手術は魔法ではありません。手術が終わったとたんに理想のボディが 手に入るわけではないのです。
そのため、より早くそしてより質感の高い完成状態を得るために適切なアフターケアが重要になります。
当院では脂肪吸引術後に『手術後の回復を早めるインディバCET&RET高周波治療や エンダモロジーによるトリートメントが術後2ヶ月間何度でも無料で受けられる』 というアフターケアトリートメントをおこなっています。

手術後1〜2週間:まだむくみや腫れが残っている状態です。 この時期に非常に有用なのがインディバCET&RET高周波治療です。
当院ではCET&RET最高機種のMD320を導入いたしました。
まだしっかりとしたマッサージがおこなえないこの時期でも、炎症を抑え、むくみや腫れを非常に効果的に改善させることができます。

手術後2週間〜:この時期になると、吸引部位は硬く突っ張ってきた状態(硬縮期)に入ります。この硬縮期を短縮することがより早く質感の高い状態に仕上げるためには大切なのです。
この硬縮期のアフターケアに力を発揮するのがエンダモロジーと呼ばれるマッサージマシーンです。エンダモロジーは、もともとはセルライト(肥大化した脂肪細胞の塊)をコントロールしボディデザインを整える医療機器になります。
ローリングと吸引の組み合わせの効果が皮膚構造に直接働きかけ、これにより皮下組織が正常な状態に再生され、血液やリンパ液の循環がよくなり老廃物の排泄が促進されるという効果があります。
脂肪吸引術後には脂肪層はいわばリセット状態となっているので、エンダモロジーの効果も一段と高められます。
エンダモロジーで硬くなっている部分を効果的に揉みほぐし、セルライトを分解していくことで吸引部位は滑らかとなり、また同時に真皮に働きかけコラーゲンを活性化し、肌を引き締め、張りとツヤのある質感をもたらし、もう一段上の仕上がりが得られます。

By 名古屋の美容整形外科「あいち美容クリニック」
posted by 脂肪吸引用語辞典口コミ研究会 at 22:48| Comment(1) | TrackBack(0) | 脂肪吸引「あ行」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
デキますか?

http://himahima.org/054546
Posted by 出会い at 2008年09月23日 08:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26101051

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。